いつだって怪文書

備忘録です。

ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 2018 ユニット対抗全国ツアー 名古屋2日目に行ってきたよの段

皆さまこんにちは。店員2号です。

 9/22(土)より、ついに『ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動LIVE & FAN MEETING 2018 ユニット対抗全国ツアー』が始まりました。

3rdライブの感想はファンミ開始に間に合いませんでしたが、名古屋公演に現地参加しましたので、それはそれとしての精神でイベント感想です。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • 概要

 昨年度開催された『ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 〜 Landing action Yeah!! 〜』に引き続き、今回はCYaRon!AZALEAGuilty Kissの3ユニットに分かれて国内10(当初は11)都市でのファンミーティングです。

さまざまな競技でユニット同士の点数を競う形式となっており、優勝したユニットには書き下ろしイラスト、新規グッズ、特別番組etc.が用意されるとのことで、どのユニットも好きな私としてはどう転んでも美味しい戦いとなっております。

 

  • 会場

 名古屋公演は両日とも日本特殊陶業市民会館のフォレストホールで行われました。ここに来たのは昨年末の雨宮天さんのライブ以来2度目です。

f:id:handerous:20180923224620j:image

座席の構成は1階が31列、2階が5列、3~4階が4列あり、1列58席でした。約2,300席ですね。大きい。

私の席は1階3列35番でした。現地の表示で言うところのここです。

f:id:handerous:20180923170310j:image

(やったぜ)

 

  • 物販

 物販会場はフォレストホールから徒歩10分程度離れた東別院会館でした。

今回名古屋入りしたのが当日の9:30でしたので、当然ながら整理券は入手できず何も買えませんでしたが、前日にLV会場の物販でTシャツ3種とレーザーブレスレット(AZALEA)を購入しました。実はブレスレットはギルキスのものと間違えたのですが、小宮さんがsomething pinkを所望されましたので事なきを得ました。ありがとう小宮さん。

なおいつもお世話になってる事前物販ですが、今回ブレードをどこまで購入するか悩んでいる間に受付期限切れとなりました。皆さんは気をつけましょう。

 

  • 構成

 イベント内容は前半トーク、後半ミニライブとなっており、トークパートではお便り紹介、ユニット対抗戦を兼ねたプレゼント企画クイズ、ミニゲームが行われました。ユニットイベントという事で通常より少ない人数ではありましたが、ファンには大満足の内容になっていたと思います。

以下23日公演のメモです。

  ○イベント開始

 昨年度のファンミでは普通に舞台裏から演者が登場していましたが、今回は観客用の入り口から登場し、2本ある客席内通路を通って登壇というサプライズがありました。私の席側は小宮さんと諏訪さんが通ったはず…ですが、数十cm先を小宮さんが通って行ったことに興奮し過ぎたため、ちょっと記憶に自信がありません。

f:id:handerous:20180924002310j:image

高槻さんが応援フラッグを持っており、3人がひたすら観客のテンションを煽ってからホップ・ステップ・ワーイ!のショート版を披露、とかなり高いテンションでのスタートでした。

衣装はGALAXY HidE and SeeKでしたが入場時はフード付きの上着で隠されており、歌唱前に表情を作って思わせぶりに上着を脱ぐ小宮さんを見てさすが女優だなあと感心しておりました。

 

 ○Aqours Meeting(お便り紹介)

 事前にAqours Club内で募集したメールを紹介するというものです。参加日等を記入する欄があったことから、当日現地参加する人が優先的に読まれたりするのでしょう。

23日で印象的だったメールはAZALEAのファンの名称である『トリコビト』のイメージを3人にイラストにしてもらうというもので、諏訪さんは中性的なキャラ、高槻さんは観客をイメージしたという(本当にいそうなオタク顔の)メガネ小人、小宮さんはひょっこりはん某芸人風とそれぞれ個性的でした。諏訪さんのトリコビトは最初髪を描き忘れそうになったそうで、諏訪さんが「危うくハゲのラブライバーになるところだった」と言っていて笑い転げました(22日夜公演の出来事をネタにしたものです)。

皆さんも是非トリコビトを描いてみましょうとのことでしたので、挑戦されてはいかがでしょうか。

またサプライズ企画ということで、9/25に誕生日を迎える高槻さんをお祝いしました。こうしたサプライズは初めてでしたが、開演前に企画内容が画面に表示されるんですね。台本を読む欄を間違えるなどアクシデントもありましたが、無事お祝いできて良かったです。

 

 ○ホップ☆ステップ☆四択☆ワーイ!(クイズコーナー)

 ご当地の方言やアニメ本編について4択のクイズが出題され、観客の意見も参考にしながら演者が回答。正解するとユニット対抗戦のポイントになるだけでなく演者サイン入りTシャツの抽選もあるという、なかなか白熱したコーナーでした。

特にアニメ本編から出題される内容は劇中ほんの数カット登場しただけの店名やキャラクターのシャツの柄など難易度が高く、3公演で全12問中11問正解というのは素晴らしい好成績だったと思います。ちなみに外した1問は『2期6話の砂浜で千歌が練習しているのを見守る曜のシャツに書かれた文字は?』というもので、選択肢は『1』『Y』『よ』『心』。この中から『1』を選べた人は相当なファンではないでしょうか。

 

 ○ホップ☆ステップ☆運動会☆ワーイ!(ミニゲームコーナー)

 運動会風の競技に演者が挑戦、ということで、23日はパッティングが行われました。1人3回打ってボールが入った数を競うもので、ゴルフ未経験の3人はかなり苦戦していました。小宮さんのお家はお父さんとおじいさんがゴルフ好きとのことで、おじいさんは好きすぎて庭にカップを掘ったそうです。小宮さんも一度だけ打ちっ放しに行ったことがあるそうですが、結果は残念ながら3人とも0ポイント。22日夜公演に引き続き床に倒れ伏す小宮さんでした。

ちなみに22日の夜公演では競技内容を他のユニットにバラさないようにという話があり、今回記事にするか考えましたが、放課後の視聴覚室みたいな当ブログを演者が見ることはないでしょうから問題ないですね。

 

 ○ミニライブコーナー

 今回はユニット対抗ということで、当たり前ですがユニット曲主体でした。

~23日セトリ~

 ホップ・ステップ・ワーイ!(イベント冒頭、ショート版)

 GALAXY HidE and SeeK
 INNOCENT BIRD
 空も心も晴れるから(会場投票枠)
 トリコリコPLEASE‼︎
 ユメ語るよりユメ歌おう
 ホップ・ステップ・ワーイ!(アンコール)

個人的に意外だったのは9人曲が披露されたところでしょうか。会場投票枠は前年度のファンミでもありましたが、3人でやるとどうしてもフォーメーションなどが変更になるため、やるとしても振付を簡略化できるED曲のみかなという予想でしたが嬉しい誤算でした。

名古屋3公演で用意した3曲は全て披露され、惜しむらくは『届かない星だとしても』を観そびれたことですが、他の2曲も見所の多い曲だったので些細なことです。『空も心も晴れるから』は距離が近かったからでしょうか、いつも以上に表情の芝居に力が入っているように感じられ、曲に没入することができました。

 AZALEAの曲はユニットの中でもお気に入りの振付が多いのですが、特に好きな『GALAXY HidE and SeeK』が間近で観られたことが今回一番の収穫でした。ストーリー性もあり舞台も上手く利用されていてやはり素晴らしい。

また昨年度のファンミでは『ユメ語るよりユメ歌おう』のsinging my song for my dream後のポンポンを左右に3回振る振付が好き(通常ライブでは大体省かれる)で、特に小宮さんが中段で振っているのを観るのが楽しみだったのですが、今回小宮さんはフォーメーションの関係上上段で振っていたのが新鮮でした。小宮さんのダンス本当に好きです。

 

  • その他

 冒頭でも少し触れましたが、今回のイベントでは各ユニットを応援するフラッグが用意されており、各公演参加者が応援コメントを記入できました。

僭越ながら私も一言書かせていただきました。

f:id:handerous:20180924014548j:image

とっさに書くとどうしても怪文になるのはご愛嬌。

また、終演後9/24まで名古屋駅で開催中のプレミアムショップに行ってきました。

大盛況のため品切れが続出していましたが、なんとか目的のサンリオコラボラバストを買えました。結果は下の通り大変素晴らしいことに。ぐへへ。

f:id:handerous:20180923213528j:image

その他ラッピングバスやサンリオコラボ衣装等の展示もしていたので写真を載せておきます。

f:id:handerous:20180923213525j:image

f:id:handerous:20180923213519j:imagef:id:handerous:20180923213512j:image

f:id:handerous:20180923213531j:image

f:id:handerous:20180923213509j:image

f:id:handerous:20180923213515j:image

f:id:handerous:20180923213536j:image

f:id:handerous:20180923213521j:image

衣装を見るたび思うのですが、よくあのシュッとした衣装に体が収まりますよね。さまざま努力されている結果なのでしょうが、皆さん本当にスタイルがいいんだなーと別世界の存在を見た気分になります。

 

  • 終わりに

 ということで今回はファンミ感想でした。

あんなに近い位置で演者の皆さんが観られたのは初めてでしたので、例によってカメラに映りにくい部分の振付や表情もつぶさに観察することができて非常に有意義な公演でした。もっと単純な話をすれば大好きな小宮さんが間近で観られて幸せでした。かなり集中して鑑賞していたので不審者に思われていなければいいなーと思っています。なんかよそ見している瞬間に指さしてもらった気がするのが今回の心残りです。いっそ気のせいであってほしい。

今後の予定ですが、今のところ12月の福岡公演に現地参加が決まっています。続々他公演の抽選も始まっていますので、沼津・広島・大阪辺りに現地参加できたらいいなーという心持ちです。冬のボーナスは諦めました。

 

それではまた。