いつだって怪文書

備忘録です。

朗読劇 pure white party!! vol.1 ~ 福岡から全国へ ~ に行ってきたよという話

皆さまこんにちは。店員2号です。

 

日々の仕事に追われ、異聞帯もまだ抜けてなかったりする今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。チャイルドプレイの公開に合わせて過去作の復習をしていたりしたのでまだまだ元気はいっぱいですが、今回は初めて朗読劇に行ってきたので感想です。

 

(ぶっちゃけチャイルドプレイ旧作は1と誕生の秘密以外はコメディなのでホラー苦手な人も安心。新作のチャッキーは割とかわいい)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

概要

"「エンターテイメントに革命を!福岡から全国へ」福岡に縁のある各ジャンルの方々を迎えての朗読劇第一弾!"(公式サイトより)とのことで、福岡出身の声優である前田佳織里さんが出演されると聞きチケットを買いました。

話題にしたことがありませんでしたが前田さんの声というか話し方が割と好きでして、あと輪郭が綺麗。なかなか関東以外で声優の朗読劇を観る機会もなかったので今回のイベントは嬉しかったですね。あと輪郭が綺麗。

朗読劇はオムニバス形式の4作品を公演ごとに2作ずつ上演(A公演B公演があるイメージ)。12人のキャストは2作のどちらかに出演されます。好きなキャストの出演作を全て観るには2回行けばOKということです。

 

会場・物販

会場は福岡市中央区天神のベスト電機11Fにある、天神ベストホールです。街のど真ん中です。

座席は14〜16席×6列の100席弱。前方2列がS席、それより後ろがA席でした。S席は特典として任意のキャストの似顔絵イラスト(パンフ掲載と同様)カードとランダムでキャスト生写真が3枚ついてきます。私は迷ったら高い方の精神によりS席で鑑賞しました。開場後に入場整理券配布を行うため、最前真ん中を狙う方は開場直後に入りましょう。

物販はチェキ券、パンフ、ガチャ、アクリルスタンド(要予約)といったところ。ガチャは似顔絵イラストの缶バッジで、当たりはサイン入りだったり落書き入り台本だったりとのこと。ここがチェキ券のある世界か…と異世界感を味わいました。

とりあえずパンフとガチャ5回やってみましたが5個中2個がサイン入りだったので日頃行くイベントより封入率は高めですね。サイン入りは各1/3の割合とのこと。どちらかというと入手回数で競っていくスタイルなんだと思っています。

f:id:handerous:20190720213825j:image

(左上から右へ順に天野なつさん、悠乃さん×2、宇井真白さん、前田佳織里さん)

 

感想

小さめのホールに行くと、演劇部でもないのにコンクールを観に行ったりしていた学生時代を思い出して懐かしくなります。スポットライトに照らされるミストや埃の揺らぎを見るのは皆さんも好きではないでしょうか。ともあれ当然のごとくネタバレします。

 

◯A公演

・聖夜ニアンドロイドヲ

サンタクロースの孫が生み出したアンドロイドが、クリスマス間近のとある男性宅へ送り込まれる。ところがそこには男性の想い人の幽霊もいて…?というあらすじ。ここに男性を慕う後輩も登場します。

内容としては基本ギャグ調。実はアンドロイドは男性がかつてクリスマスプレゼントに買ってもらっていたおもちゃの戦隊ロボの集合体で、持ち主に再会するついでに幽霊の未練も晴らし、男性は後輩と結ばれハッピーエンド。設定盛り盛りのキャラは好きです。

アンドロイドがアフロダイAよろしく胸部ミサイルを搭載している一方で、イタリアでサンタの代わりに良い子に菓子を、悪い子に炭を配る魔女ベファーナの名を冠していたりサンタが人を生き返らせる逸話に触れていたりと、サンタ好きにとってポイントが高い部分もありました。個人的には後輩が男性を待っている雰囲気がよく出ていたと思います。

 

・紫陽花

とある女子高校生の名前である「紫陽花」。その由来には、彼女の2人の母の出会いと別れが詰まっていた…というあらすじ。紫陽花の生みの母である茜の視点で語られる本作は、全編重めの展開でした。

ストリッパーの母から逃げ暴走族になるも少年院へ送られ、そこで出会った教官のましろに荒んだ心を救われます。院を出た後は自分を探しているという母を見つけるためその交際相手を訪ねますが彼に襲われ、抵抗の結果命を奪ってしまい今度は刑務所へ。その後男の子どもを身ごもっていることが分かり出産を決意。生まれた子どもをましろに育ててもらっていましたがましろはガンにより出所前にこの世を去ります。

このように書くと救いのない内容ですが、ガンにより子どもを産めなくなっていたましろは子どもを育てることができ、ストリッパーの茜の母は心を病んでしまいましたが茜のフリをしてくれた紫陽花に懺悔したことで少しだけ心を救われ、茜は最終的に紫陽花と穏やかな日々を過ごしています。紫陽花はましろが好きな花だったのですが、その花言葉に込められた思いなども語られていて感動的でした。水戸黄門のテーマがギャグから感動へ変わるところも見所です。

前田さんは紫陽花役での出演でした。淀みのない語り口から紫陽花のまっすぐに育った心根が感じられて良かったと思います。思えば茜の母は紫陽花にとって祖母にあたりますが、茜の母の交際相手の子どもと考えると血の繋がりのない娘とも言えます。やっぱり重い話ですね。

 

◯B公演

・いちごんさん

クラスの人気者のカンニングを密告したことでいじめに遭っている少女が校舎の屋上から飛び降りようとしたところで幽霊の少女と出会う。なんだかんだで彼女と2人で遺書を書くことになってしまった少女だったが、近所の神社の夏祭りに行ったことで母の想いを知る…というあらすじ。

また幽霊かとお思いでしょう。実は彼女は神社に祀られている土蜘蛛だったので幽霊ではないですよ。でも主人公の父はこの神社で彼女を身ごもっていた母を捨てて女と蒸発しています。母子家庭率が高い。

ちなみにタイトルの「いちごんさん」とは一言だけのお願いを聞いてくれる、奈良県葛城一言主神社に祀られる神様の通称です。夫に捨てられた身でありながら、少女の母が願った一言は「娘が幸せになりますように」。これを叶えるため少女の元に土蜘蛛が遣わされたのでした。割とギャグ調でしたが、綺麗な締めくくりでした。

 

・バレンタイン・キューピッド

天国で愛と美の女神ビーナスに仕えるキューピッドの少女は初仕事としてとある男女の恋愛を成就させることに。実はこの2人には彼女と因縁があり…というあらすじ。

ここまで読んだ人には大体お分かりでしょう。キューピッドは早期胎盤剥離により流産となった2人の子どもだったのです。鑑賞しながらサークル時代に他校の学生から「(2号がいた大学)さんの作るラジオドラマはよく人が亡くなりますね」と言われたのをふと思い出したりしました。でもキューピッドは最後に母と抱き合うことができたのでハッピーエンドですよ。

ちなみに前田さんはビーナス役でした。イケメンの尻が趣味というキャラクターでしたが、下界の尻に見惚れたりよだれを拭っているところが実にコミカルでした。軽薄なようで全てを見通している達観した神らしい姿がよく表現されていましたね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

終わりに

ということで感想でした。コーナーとしてではなくイベントの主題としての朗読劇はおそらく初めてでしたが、懐かしい舞台のノリを思い出して楽しむことができました。全6公演中5回以上鑑賞すると特典がつくそうですが、flumpoolがライブで来ているため断念。最終公演辺りもう1回行けるといいなと思っています。

今回はvol.1とのことですが、今後も長く続く企画であってほしいなと思うところです。そして前田さんのさらなる活躍を期待しております。

 

それではまた。

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 5th LoveLive! ~Next SPARKLING!!~ のLVに今回は両日とも行けたよという話 (1/3)

皆さまこんにちは。店員2号です。

 

早いもので想いよひとつになれ!(グーパン)な4thから半年経ち、5thの開催となりました。Aqoursのナンバリングライブはペースが早いと言いつつ、年明けからの映画やイベントで毎週何かしらあった頃からすると久しぶりに感じますね。

さて今回は3rdの大阪以来ぶりで仕事の影響を受けずに(LVですが)きちんと両日鑑賞することができましたので簡単にメモしておきます。と言いつつ長くなりそうなのでいい感じに切りたいです。そう思ってるよ。

果たしてBrightest Melodyで感極まらないよう最近ヘビロテして備えていた2号は無事乗り越えられたのか。開演直前に『そういえば僕らの走ってきた道は…も大好きやん』と気づいた2号に勝機はあったのか。

 

  • OP
  • 僕らの走ってきた道は…
  • スリリング・ワンウェイ
  • 青空Jumping Heart
  • MC
  • SKY JOURNEY
  • Daydream Warrior
  • 幕間その1
  • 逃走迷走メビウスループ
  • 予測不可能Driving!
  • Marine Border Parasol
  • ハジマリロード
  • 劇場版あらすじ
  • Hop?Stop?Nonstop!
  • 小休止

 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きを読む

『BanG Dream! Ultimate Live Theater』オープン記念 バンドリ!スペシャルイベント Day1昼に行ってきたよという話

皆さまこんにちは。店員2号です。

 

もはや夏な毎日が続いておりますね。先日百合の話題からウテナ劇場版の話になり、久々に観直すなどしました。高いところは苦手ですがあんな校舎が蠢く学校に通いたかった。黒板もすごく動くし。とかく回りがちで目が忙しい作品ですが、個人的な見どころは後半画面奥から城が合流してくるところと左右から迫るキャタピラ(コンベアー?)でしょうか。水で散っていくバラ園もいいな。

それはさておきあるあるCityに新設されたシアターの記念イベントが開催されたので行ってきました。3面スクリーンと聞くと未来的なかほりがする。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

概要

福岡県北九州市は小倉のあるあるCity7階にオープンしたホログラムシアターを利用した企画である、BanG Dream! Ultimate Live Theaterの開催記念イベントです。5/25と26に日替わりで3人演者が登壇、各日昼夕2回ずつ開催と、九州のイベントとしては大変豪華なやつでした。25日は愛美さん、大塚紗英さん、

相羽あいなさん。26日は工藤晴香さん、RAYCHELLさん、紡木吏佐さんが登壇されました。

会場

ホログラムシアターになる前の同スペースはプチミレのイベントで行ったことがありましたが、シアターは今回初でした。内装としてはライブハウスに近く、両サイドにプロジェクター用の常設スクリーン、前方スクリーンはステージの前に可動式のものが設置されており、垂れ幕のように下ろすことで上映できるというものでした。キャパは完全立ち見で250程度でしょうか。ちなみにシアターの隣ではバンドリのパネル展示や物販をやっていましたが、物販コーナーがイベントに際し荷物預かりの都合上あるあるCity2階の連絡通路にて一時移動していました。買いそびれていた7thのパンフが買えてよかったです。

内容

今回はイベントということで演者登壇のトークパートを主に行い、最後に3バンド各1曲ずつの応援上映をするという構成でした。

ざっくりまとめますがいつも通りコーナータイトルはうろ覚えです。

・OP

芸人のだんごばーなのジョージさんとまるおさんによる司会でイベント開始。

3人登壇後、司会のどう呼んだらいいかという質問に、愛美さんは『愛美さん』、大塚さんは『番長』、相羽さんは『相羽ちゃん』と答えたため、いつもと少々異なる毛色の呼び方をされることに。愛美さんはよなきに含め福岡を訪れるのは3回目で、あとの2人は初めてとのこと。スタァライトとかのイベントを九州でやってくれても、いいんですよ!例によって火器や爆弾がたまに見つかる地域と説明され、危ないところじゃないかとツッコまれていました。

・スピードクエスチョン

10の質問に3人が素早く答えていくというもの。「早く答えないと椅子が爆発するんじゃないですか?」と愛美さんが怯えてみせたのには笑いました。内容は「最近一番笑ったこと」や「今ハマっているもの」、「1億円手に入ったらどうするか」など。

愛美さんはとにかく早食いとのことで、痩せたいと話すと人からよく噛めと注意されるそうです。でもハマっているのはアイス(雪見だいふくジャイアントコーン)とか。チャームポイントは笑顔と言いつつ(すぐ忘れてしまうからか)最近笑ったことがないかもと話していたのが意外でした。

大塚さんはゲームにハマると掃除も忘れてのめり込むとのことで、お菓子を食べながらゲームをするのをやめたいとのことでした。1億円あったら土地を買うそうですが、固定資産税には気をつけていただきたいところ。最近オレンジ色がマイブームらしくアレンジリップがチャームポイントと言っていたのが可愛らしかったです。

相羽さんは1億円あったら競馬に突っ込むとのことで、流石は予想屋あいあいでした。乾燥対策をしていても唇を舐めてしまう癖が直らないらしく、メイクさんにすぐバレて注意されているそうです。歯並びの良さがチャームポイントでしゃぶしゃぶがマイブーム、最近一番笑ったのはこのイベント当日にRoseliaのラバーバンドを手首に着けて来たはずがいつの間にかなくなっていたことだそうです。見つかるといいですね。

・多数決バトル

「好きなのはたけのこの里orきのこの山」「欲しいのは時間orお金」など二択のお題で多数決を取り、多数派(3人中2人が同じ意見)になった時は1ポイント獲得、最多ポイント獲得者がスタバのギフトカードを手にするというもの。ポイントはあるあるCityのキャラクターであるべあー君の顔がプリントされた丸紙をボードに貼って数えていましたが、愛美さんの「名前意外とふつうー」の一声で今日だけ「まるお」と呼ばれることに(司会のまるおさんと丸さが似ているとのこと)。

嘘をついてもOKということであれこれ駆け引きをしていた3人でしたが、他2人の本来の答えを把握していた愛美さんがやや有利な展開でした。ラスト1問の段階で相羽さん3点、大塚さん6点、愛美さん5点となっていましたが、相羽さんがかわいい声でおねだりすることにより、ラスト得点できた際は5点手に入れる権利を獲得、少し遅れて愛美さんもこのままでは勝てないことに気づいて同様の手段で2点手にする権利を獲得していました。ちなみに結果は「今欲しいものは?」という問いに「時間」と答えた大塚さんと愛美さんがポイント獲得。同点のため両者にカードが贈られました。予想屋あいあいのスタンスを貫いた相羽さんの潔さに拍手。

・ガルパ選手権

トーナメント方式でガルパ対決を行い、優勝者にはまるおくんぬいぐるみが授与されます。この企画は来場者から1人挑戦することができ、愛美さんvs大塚さん、相羽さんvs来場者代表の勝った方が決勝という形でした。多数決クイズで「次やるときは5点狙いのスーパーまるおくんを用意しよう」という話になっていたので、挑戦者のアイコンが(背景が)赤いまるおくんだったことに笑いました。大塚さんは番長をやっているだけあり全ての勝負でフルコンボ勝利。相羽さんのちょっかいにも動じませんでした。来場者代表(りんりんさん)は相羽さんに勝利し、大塚さんとの勝負でも検討していました。決勝で花園電気ギターを選ぶとはエンタメ精神に溢れていて素敵です。

応援上映

通常の上映では毎日12:00〜19:30まで各回30分バンド別で、ポピパ、Roselia、RASの武道館ライブ映像が上映されるらしいです。3面スクリーンは中央がライブ映像、左右がその曲のMV(なければそれっぽいエフェクト)という形態でした。左右に拡張したライブ映像なのかなと想像していましたが専用の撮影をしなければならないので手間ですね。RoseliaのBRAVE JEWEL、RASのEXPOSE 'Burn out!!!'、ポピパのティアドロップスが流されました。ティアドロップスは冒頭や最後のギターがライブとMVでシンクロしていてかっこよかったです。RASはコールが多いので盛り上がっていました。Roseliaは例の棺桶から出てくる入場シーンも入っていてテンション上がりました(厨二病)。上映後は3人からの挨拶(声のみ)で閉幕でした。

ーーーーーーーーーーーー

ということで感想でした。ワイワイと楽しいイベントだったので26日も行きたかったのですが予定があり無念。行けた方は羨ましい。今後もやっていただきたいところです。

ついでにマシーネンクリーガー展にも行ってましたがここでは割愛。

 

それではまた。

2019年に視聴した映画一覧(随時更新)

皆さまこんにちは。店員2号です。

 

去年に引き続き備忘録です。

観たら増える。(再)が付いていたらやっぱり初見ではない。えらく殺伐とした内容が多い気がする。

 

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月 
  • 5月

 ーーーーーーーーーーーー

続きを読む

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」3話の感想をダラダラ述べる話

皆さまこんにちは。店員2号です。

 

人生とは何もせず過ごすには長すぎて何かをするには短すぎるとよく言われますが、残念ながらGWにもこれは適用されます。やりたかったことは半分もできなさそうですね。

ともあれちょっとずつやってしまいましょう。そう、例によって5/6(月)までYoutubeにて期間限定全話無料配信中なのです。 

今回は舞台#1も観られますよ。舞台版まだ観たことない方は是非。せっかくだしアニメもう一度観ようと思っていた方もそろそろ観ときましょう。

なお今回の時間はPCの機嫌がいいので円盤準拠とします。総時間で表示される場合は00:48:12から3話開始で考えてください。今回の無料配信でご覧の方はCMが1分挟まりますのでBパートからは記載の時間に1分足して考えてください。

初見時の感想が殆ど残ってなかったため20回くらい観ちゃった状態で書いていきます。心配する必要もないけど初見の人がこれを見ないといいな。あ、円盤は映像特典も冊子も情報量が多くてオススメですよ!特に最終巻のカードね…あれはズルいよ…(何度でも言う

 

ということで帰るならこのタイミングです。

 

  • アバン
  • オープニング
  • Aパート
  • Bパート
  • エンディング
  • Cパート
  • 終わりに

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続きを読む

舞台「銀河鉄道999 ~ライブ イン 北九州 2019~」に行って来たよの段

皆さまこんばんは。店員2号です。

 

GWいかがお過ごしでしょうか。伊波杏樹さんの出演される舞台『銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠 ~』のチケット(大阪公演)が取れたぞやったーと思っていたら諸用で行けなくなり悲しみにくれていたところ、GWに同舞台のイベントがありました。喜び勇んで参加してきましたので軽めに感想です。

f:id:handerous:20190502224343j:image

(劇場から小倉城がよく見える) 

 

  • 概要
  • 会場
  • 内容
  • 終わりに

----------------

続きを読む

2018年のイベント等をまとめていたら年が明けて平成も終わる話

皆さまこんにちは。店員2号です。

 

年末頃にありがちな感じで2018年振り返るわよーとコツコツ書いていましたが見事に年越しどころか平成が終わるところです。時の流れと異動の恐ろしさを感じますね。今更な内容ではありますが、せっかく書いたので置いておきます。

 

  • 2018年行ったイベント
  • 2018年の「推し」は誰だったのか
  • 終わりに

--------ー--------

続きを読む